FC2ブログ
プロフィール

Kumi.Y

Author:Kumi.Y
現地のアロマをしりたくて、夫と3人の子供を連れてフランスへ・・・
本物のオリーヴオイルと新たに出会い、植物油を見直すきっかけに!現在いろいろ勉強中!!


オリーヴの小枝 バナー2

最近の記事

最新コメント

リンク

お気に入りブログ・HP

このブログをリンクに追加する by BlogPeople <br>
育児ブログ・ランキング

カテゴリー

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


FC2アフィリエイト

FC2カウンター

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

L'huile&L'herbe~自然のちからをとりこもう~
オリーヴオイル、ハーブやアロマテラピーについて、私生活で使ったものを、その効能、効用、使い方など紹介していきます。
オリーヴオイルとの出会い
オリーヴオイルといえば、イタリアを想像される方が多いでしょうが、私がオリーヴオイルと出会ったのは、フランスのアルルにある「FAD'OLI」に行ったときのことでした。「出会った」とは、おおげさな・・・。と思われるでしょうが、私は本当にそこで売られている様々なオリーヴオイルを食べてみて「これが本当のオリーヴオイルなんだ!!」とそう思ったのです。それまでオリーヴオイルをほんとうに「おいしい!!」と思ったことはありませんでした(使い方がわるかったのかもしれませんが・・・)。くせのあるにおいがあまり好きになれなくて、「どうも私は胡麻油派だは・・・」という感じでした。ドレッシングにしてもマヨネーズにしても家でつくってみると、オリーヴオイルで香りを付けるより胡麻油の方が舌にあうんですよね。ところが、「FAD'OLI」で売っていたオリーヴオイルは、そのままスプーンに入れて試食出来るぐらい香りがよくて油くさくなかったのです。「オリーヴオイルってこんなに食べやすいものなんだ・・・」と180度オリーヴオイルの見方が変わりました。でも、正直いってこれで「オリーヴオイルが大好き!」になったわけではありません。オリーヴオイルに興味がわいてきたのです。

>「FAD'OLI」で少しお勉強
オリーヴオイルに興味がわいた私はオーナーのYANNさんにオリーヴオイルについていろいろ教えていただきました。まず、オリーヴの種類もたくさんあること、産地や収穫時期によって味がかわること、オリーヴの実を発酵させるものとさせないものがあること等々・・・そうですねワインとおなじなんですね。
<オリーヴオイルの味について>
オリーヴオイルにはいろいろな味があるといいましたが、青味、熟成味、黒味、があります。
青味は、まだ実が熟さない間に収穫し、すぐに絞ってオイルをとります。熟成味よりも香りがきつくなく、サラダや、チーズ、フルーツなど火を加えないで食べるものに適しています。というのは、熟成味よりも香りがマイルドなので、火を加えて煮込んだりするとオリーヴオイルの香りがわからなくなってしまうのです。
熟成味は、その名の通り実が熟成したものを収穫し、絞ってオイルをとります。こちらは香りがはっきりしていますので、オムレツや煮込み料理などの火を加える料理に適しています。
黒味は、実を発酵させてからオイルをとります。こちらも香りがはっきりしています。YANNさんの表現では地下の味といっていました。煮込みなどに適しています。

いろいろな味がありますが、青味だから煮込んではいけないとか、熟成味だからサラダはダメというものではありません。これは好みですので、あまり堅く考えない方がよいでしょう。参考になれば、と思って書きました。

プロヴァンス地方で作られているオリーヴオイルは、青味です。私は、個人的にはこの青味が好きです。というのは、やはりオリーヴオイルを食べ慣れていないこともあり、香りもほどよく食べやすいのです。

>オリーヴオイルの友
私は、オリーヴオイルと出会ってオリーヴオイルを使うにあったってもう一つ大切なものを知りました。“”です。アルルにいったこともあり、カマルグのというのがあることを教えてもらい、そのを食べてみました。・・・「マイルド」でした。おって大事だなと本当にかんじました。というのも、サラダにこのカマルグのとオリーヴオイルをたっぷりかけるだけでドレッシングのできあがりなのです!!でも、勘違いしないでくださいね、日本で売られているドレッシングの濃い~~味と比較されては困ります。あっさりさっぱり!!です。濃い~~味が好きな人には、アヨリソースといってオリーヴオイルとニンニクと卵黄で作るのですがこういうドレッシングもあります。(作り方は又後日)
そして、もう一つ“”です。日本では穀物、米、リンゴが代表的なですが、最近ではバルサミコなど海外からいろいろなお酢が輸入されています。手作りでドレッシングを作られる方、いえ作られない方も輸入のお酢は高いですが、是非ナッツのお酢を見つけたら試してみてください。本当に香りがよくておいしいです。少しのマスタードをナッツのお酢とき、オリーヴオイルを少しづつ入れながら混ぜると白っぽくなります。これでドレッシングは完成です。分量(マスタード<ナッツの酢<<オリーヴオイル)はお好みで。


少しづつしか情報が提供できませんが、積み重ねていきますので、こんなことが知りたい!!とかあればコメントに書いてくださいね。
スポンサーサイト




コメント

祝、ブログ! v-315
オリーブオイルも奥が深いな~と思いました。
塩や酢との相性など、なるほど~~!と思って読ませていただきました。
オリーブオイルを選ぶ時には是非、参考にさせていただきます!ありがとうございます。
これからも、楽しみにしています~!v-286
[2006/09/25 10:13] URL | pepe犬 #UcusC/tg [ 編集 ]


お祝い申し上げます。

マイペースで頑張って下さい。

勉強になりますので、楽しみにしております。

[2006/09/26 22:09] URL | きんとき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://huileherbes.blog76.fc2.com/tb.php/2-cb95d547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フリーエリア

オリーヴの小枝

ブログ内検索

おすすめグッズ

RSSフィード