プロフィール

Kumi.Y

Author:Kumi.Y
現地のアロマをしりたくて、夫と3人の子供を連れてフランスへ・・・
本物のオリーヴオイルと新たに出会い、植物油を見直すきっかけに!現在いろいろ勉強中!!


オリーヴの小枝 バナー2

最近の記事

最新コメント

リンク

お気に入りブログ・HP

このブログをリンクに追加する by BlogPeople <br>
育児ブログ・ランキング

カテゴリー

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2アフィリエイト

FC2カウンター

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

L'huile&L'herbe~自然のちからをとりこもう~
オリーヴオイル、ハーブやアロマテラピーについて、私生活で使ったものを、その効能、効用、使い方など紹介していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油って?(4)
油について、いろいろ書きましたが、最後に、各種の油を摂るバランスについて触れておきます。

油は、それぞれその種類により、各脂肪酸の割合が違います。
脂肪酸は大きく分けると、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸にわけられます。
これらの脂肪酸が混ざり合って油は出来ています。
そして、

飽和脂肪酸(目で見ると常温で固まっている)が多い脂・・・・・・牛脂、バターなど
一価不飽和脂肪酸(オレイン酸など)が多い油・・・・・・・・・・・・・オリーヴオイルなど
多価不飽和脂肪酸(DHA、リノール酸、リノレン酸など)が多い油・・・魚油、紅花油(高リノール酸)、ごま油,コーン油など


とおおまかに分けることが出来ます。

脂肪酸の摂取バランスとして、
飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3:4:3が良いとされています。

食べ物でいいますと、
お肉やバター : オリーヴオイルや菜種油 : 魚油やコーン油やマヨネーズ
3 : 4 : 3  ぐらい
になっていますか?ということです。

そして、ここからが大切ですが、
多価不飽和脂肪酸の中に n6系 と n3系と呼ばれる脂肪酸の仲間があり、これらを摂る割合が<4:1>の割合で摂ることが望ましいとされています。

つまり、
飽和脂肪酸 : 一価不飽和脂肪酸 : 多価不飽和脂肪酸(n6系) : 多価不飽和脂肪酸(n3系)
    = 3 : 4 : 2.4 : 0.6
ということです。

n6系脂肪酸(リノール酸等)を多く含む食べ物        ・・・ごま油、ひまわり油、コーン油、マヨネーズなど
n3系脂肪酸(αリノレン酸,DHA,EPAなど)を多く含む油食べ物・・・αリノレン酸はしそ油、亜麻仁油など、DHA・EPAはサバ、サンマ

このように見ますと、マヨネーズやマーガリンなどでn6系は足りていることと思います。
しかし、先程ももうしましたが、バランスが大事です。

<4:1>の割合でn3系の油も摂らないとバランスが崩れてしまいます。そして、このバランスこそが、アレルギーの予防などに有効であると言われています。

n6系の脂肪酸は血中のコレステロールをさげるのですが、摂り過ぎると高血圧やアレルギーを起こすことがわかっています。
そしてそれとは逆に、n3系脂肪酸のαリノレン酸はアレルギーや高血圧を予防することがわかっています。現在のところ摂り過ぎによる弊害は確認されていません。


植物油を選ぶ時は、少し、これらのことを頭にいれて、

マヨネーズを使う時は、オリーヴオイルで調理したり、
ごま油を使った料理の時は、マヨネーズを控えめにしたりするなど、
また、1日に一食は魚料理にするなど
一日の食事をいろんな油脂を摂ることを中心に考えてみると、思った以上に豊かな味が楽しめると思いますよ!

でも、摂り過ぎには注意です!!!くれぐれも・・・
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

油って?(3)
油の話題で、植物油のことばかり書いていましたので、少し違う脂についても触れておきますね。
油脂は、植物油やバターなどの見える油ばかりではありません。
牛乳やお肉、お魚にも油脂は含まれています。

食事で摂る脂質の量は、これらも含めて総カロリーの20%ぐらいが適当と言われています。
そして、植物油やバターなどを「見える油」、お肉やお魚、アボガドなど食物中に含まれる油を「見えない油」といいますが、この「見えない油」は、油脂の摂取量の約4分の3を占めるといわれています。
この4分の3を占める「見えない油」を何で摂るかはとても重要だと思います。

「見えない油」の1つ、サバやサンマなど青魚の油は、DHA,EPAなど血液をサラサラにしてくれる油で、これは積極的に取り入れたい油です。
コレステロールを下げてくれ、動脈硬化を防ぎます。

また、次回書きますが、摂取する脂肪酸のバランスは、アレルギーやアトピーなどの症状を軽くすることがわかってきています。

食事の中で、油は、私たちの味覚にコクや風味などを与えてくれるとても大切なものです。
自分がどんな油を摂っているのか、一度書き出してみるのもいいですね。
そこから、改善するところがあれば、積極的に改善していくことで、より、豊かな食生活になるのではないでしょうか






テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

油って?(2)
油脂というと、「カロリーが高い」「ダイエットの敵」「太るから、摂らない方がいい」と感じられる方も多いと思います。
しかし、油脂は私たちの身体にとって欠かせないものなんです。
私たちの身体は、細胞で出来ていますが、油脂はこの細胞の膜の成分の1つなんです。ですので、お肌に潤いを与えたり、細胞の栄養素の行き来をスムーズにしたりと身体にとっては、とても大切なものです。
また、リノール酸、リノレン酸という必須脂肪酸(体内で合成できないもの)も含んでいます。
この、必須脂肪酸が不足すると発育不全、皮膚の角質化等がおこってきます。

リノール酸とリノレン酸はバランスが大事です。
どちらかが、多すぎても少なすぎても身体によくありません。

現代ではリノール酸は摂り過ぎと言われています。リノール酸は、コーン油、大豆油、紅花(高リノール酸)などに多く含まれており、マヨネーズなどもリノール酸が多いといわれています。

リノレン酸は、エゴマ油、クルミ油などに多く含まれており、
これらの油の名前を聞いただけでも、リノール酸の摂り過ぎが明らかですね。

リノール酸の摂り過ぎは、健康上よくないといわれています。
リノール酸の摂り過ぎを防ぐには、オレイン酸を多く含む、オリーヴ油や菜種油等に油類をかえていくことも1つです。

油は必要ですが、どんな油を摂るかが大切ですね。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

小型フランスパン、まずまずの出来
写真をアップしたいのに何故かカメラが行方不明・・・・・。どこだろう・・・。
子供がどこかに持っていったかな?と、子供を疑ったときに限って自分だったりするので、明日みんなに聞いてみよう・・・。

今日は、フランスパンまずまずの出来でした!
粉250gのレシピをオーブンに入るように2分割しているので、結構小型でした。
冬場の発酵はとても時間がかかるので、イーストを小さじ1/4から1/2に増やしました。
早起きして作るつもりが・・・起きたら7時!!ギョ
朝の準備をして、子供たちを学校、幼稚園と送っていってからの取り出しなので、かなり過発酵・・・
とりあえず、最後までがんばり焼き上げました。
かたちは(クープはあまり良くないけど・・・)まずまず。やけ具合も、フランスパンらしくバリッという感じでした。バリッではなくパリッとがいいと思うのですが・・・素人なのでまあいいということで
しかし、過発酵だったので、表面につやがなく、おばあさんみたいな表面でした・・・。画像をアップしたいのだが・・・。

私の目標は、ベーカリー♪ベーカリー♪の柏木太郎さんのつくっているバケットです!目標は常に高く!ほんとに、いろいろな粉を使い分けて、パンを研究して作っておられ、とても細かく、パンというものを分析しておられます。ただ「おいしいパン!」を求めて行き当たりばったりでつくっている私とは大違いだ!
でも、少しでも近づけるよう、いろいろと教えていただいてます!
柏木太郎さん、いつも、ありがとうございま~す♪

カメラみつかりました~。朝起きたら、机の上にありました・・・。
おばあさんフランスパンblog用

ねっ、おばあさんみたいでしょ・・・。

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

またまた、バナナローフを作りました。
私のバナナローフ


以前から、何度も挑戦していた、ココウェルのエキストラバージンココナッツオイル
入りの「バナナローフ」!ようやく、私としては満足のいく仕上がりになりました!

私の始めてのオリジナルレシピの完成で~す

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用


フリーエリア

オリーヴの小枝

ブログ内検索

おすすめグッズ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。